陰茎増大なび|陰茎を大きくする為のサイト

陰茎を鍛える

陰茎は本人が鍛えることでサイズアップが可能です。最近は陰茎用のエクササイズ本まで売られるほど、陰茎のトレーニングが人気です。まずは、陰茎は刺激を加えなければ大きくはなりません。なので、抜くという行為でなく、鍛えるという方向で陰茎に1日1回は触りましょう。基本は温めと圧力です。この2つをいつも同時に行いましょう。一番いいのはお風呂場で行うことです。ローションなどを使った場合は汚れますのですぐに洗えますし、もしいってしまっても後始末が簡単です。なるべくいかないように、でも強めの圧力を加え続けることが大事です。圧力はオナニーより強めで、ゆっくりと加えていきましょう。勃起した状態で行ってください。陰茎は海綿体で出来ているので、筋肉と同じと考えてはいけません。海綿体はことがおわればしぼんでしまうので、元々の大きさを増やすには血流を多くすることが必要なのです。大きく膨らむようになっていきますので、血流がよくなるように毎日続けて刺激することはとても大事です。できれば週に5日ぐらいは続けて休むというリズムを作っていきましょう。短くても結果が出るまでに数ヶ月はかかりますが、それまでに続けて刺激していくことがとても大事です。また、早漏の防止にもなりますので、陰茎の大きさにかかわらず、早漏の人にはぜひお勧めしたいトレーニング方法です。

陰茎のサイズと性行為

男性の陰茎のサイズは、性行為をする上でとても重要です。日本人の陰茎は、長さが無く太目の人が多いです。しかしこれは日本女性の性器にはぴったりなので、あまり躍起になって変える必要はないと思います。まれにとても大きくて女性に嫌がられるという人もいますが、これはなんだか可愛そうな気がします。逆に小さすぎて、女性が快感を得られないという人もいます。陰茎のせいにしてはいけませんが、こういう時は女性も思いやりが必要な気がします。大きすぎる人は潤滑油を使用したりして工夫をしてください。小さい人は精力剤などの一時的な効果のある物がお勧めです。性行為時だけサイズが合えば、パートナーはほぼ満足だと思います。あまり陰茎のサイズで人を好きになるような人はいないでしょう。陰茎のサイズが元で快感が得られないというなら、思い切って手術をしてみるのもいいかもしれません。今は日帰りで行える病院も多く、手術自体がそんなに難しいものではなくなりました。それでも高額で術後は回復させる期間が必要ですが、身近になったという点では抵抗がなくなってきたように感じます。サイズにこだわるのもいいですが、性行為自体を工夫することも大切です。性行為は、コミュニケーションの時間ですので、陰茎のサイズの話が出来るくらい、親密になって話しをすることが大切なのではないかと思います。